おだいどこ
  • こだわり
  • メニュー
  • 宴会予約
  • 店舗検索
  • クーポン
おだいどこのコンセプト

おだいどこのコンセプト

店内は枯山水などを配置し和の落ち着いた空間を演出。個室感覚のお席から宴会席まで様々な用途でご利用頂けます。

どこか”ほっ”とする空間の中で「お酒がおいしく飲める」にとことんこだわった日本全国のうまいもんをお楽しみください。
新たな居酒屋のスタンダードを目指すおだいどこ。スタッフ一同、最高の笑顔でお客様をお迎え致します。

店内写真

店内写真

ブランド開発者の一言

おだいどこの思い おだいどこの思い

小学生の頃(1970年代)、ファミリーレストラン全盛の時代で、日曜日になると2時間待ちが当たり前でした。当時の楽しみは家族4人揃ってファミリーレストランに出掛けてエビフライセットを食べて、レジ前に並べてあるおもちゃを買ってもらうことでした。
 ファミリーレストランが非日常的な楽しみの場として最も輝いていた時代です。既に両親は他界してしまったのですが、ファミリーレストランで過ごした楽しいひと時は今でも鮮明に記憶していますし、私にとってかけがいのない想い出です。
 社会人になってからも、フットサルやマラソン後の打ち上げや結婚式の2次会等、楽しい想い出のワンシーンにはいつも「外食」がありました。外食産業は空腹を充たす為の単なる食べ物を提供するだけでなく、最愛の家族や最高の仲間と楽しく過ごす時間や空間、サービスを提供する素晴らしい職業だと実感しています。
 そんな外食産業でも30年以上にわたり地道な努力を重ね繁栄し続けるブランドがある一方で5年も持たないブランドがあります。短期間で初期投資を回収し、その後は業態転換すれば良いという風潮も残念ながらあります。

 私が子供の頃は、有名なハンバーガーチェーンでもまだ数十店舗しかありませんでした。親の買い物に連れられ、その帰りに繁華街で食事をして、最後にそのファストフード店に寄ってアップルパイやシェイクを買ってもらうのが楽しみでした。
 その当時の親は、あまりファストフード店の商品を食べませんでした。馴染みがなかったからです。当時のファストフード店のメインターゲットはヤング層と子供だったと思います。
 それから約30年が経ち私にも子供ができました。子供もハンバーガーが好きなので、子供と一緒に食べる機会も多くなりました。よって30年前と比較すると、そのファストフード店の客層の幅は広がっていると思います。子供時代に、はじめてファストフードと出会った世代が親となり、子供と一緒にファストフードを楽しむことが日常化したからです。
 更に、我々の世代がお祖父ちゃんになる頃には、3世代がメインターゲットになる時代が来ると思います。そう考えると開業後、約60年が経った時にそのハンバーガーチェーンの客層の幅は最大になるということです。まだまだ成長する余地がありますね。
 ある哲学者が「人生は心ひとつの置きどころ」という言葉を残しています。これは、自分の人生は不幸だと思えば不幸になるし、幸せだと思えば、幸せになっていくといった意味合いです。
 これをそのままブランドに置き換えると「ブランドは心ひとつの置きどころ」といったところでしょうか。「おだいどこ」は5年で業態疲労を起こすようなブランドにはしたくありません。「おだいどこ」というブランドが、親子孫三代に渡ってお楽しみ頂けるように、更に、一生の想い出の1ページをお届け出来るように、心を込めて、商品開発やサービスの向上に努めて参ります。

日本各地の厳選素材

おだいどこは地域の生産者と提携して日本の美味しいを提供します。

私達はうまいもんと出会う為に自分達の足で日本全国を回っています。
縁あって出会った「うまいもん」を出来る限り自然体でおだいどこ流にアレンジし提供致します。

※掲載画像はイメージです。

※メニュー内容や価格を予告なく変更している場合がございます。
 予めご了承下さい。詳しくは各店舗にお問い合わせください。